コメント「こうした遅延に伴う足腰の重さは、三菱重工に代表される、三菱グループ全体の問題かも。
悪い意味で準役所みたいな、プライドの高さと裏腹の保守的な硬さ。
岩崎家四代の頃はもっとアグレッシブな自由さがあっただろうに。
航空日本の夢の復活のために、もっと頑張って欲しいけれど。」
>>
岩崎弥太郎の時代から百数十年…アグレッシブで時代の最先端企業は、日本で最も保守的な官僚企業グループになってしまいました。
>>
三菱系はなぁ。。飛行機もダメだけど、隠蔽体質で車はもっとダメだし。電機はパワハラ体質だし。
>>
ほんと。三菱はプライドだけ高くて考えは古いしやることは鈍い。失敗すると顧客仕入れ先関係なく砂かけて逃げ出す。だから新規参入先の業界でも白い目で見られ、何も期待されない。
>>
旧態依然とした古いグループ。でも本当に問題なのはこういうスローモーな会社が日本のトップとして君臨していること。
多分これからもずっとこんな感じ。
>>
三菱批判に必死だけど、重工自体が落ち目。川重は部門を売り払ったし、IHIは不正のオンパレード。
重工はかつては夢があったけど、今は投資対象にはならない。
今から10年後はどうなってるのかな。
>>
ただその最大の資金力のある会社が、びびって決断出来ないから堕ちて行く
サラリーマン役員ではそんなもんですわ
会社の栄光より我が退職金
>>
旅客機がそんなに簡単にできる訳ないよね、規模も違うけどホンダジェットは35年掛かってますからね!
トラブルは絶対にあってはならない乗り物だからね!
>>
認証取る為にどこかの航空機会社買収したのも遅いし、結局大赤字になって、発売もされないって可能性があるな・・・
残念だけど、全てが遅いし後手後手すぎる
>>
岩崎弥太郎は価値がなくなった土佐藩の藩札を安く買い集めて、明治政府にそれなりの金額で買わせて大金をせしめた詐欺師です.
三菱の名前だけでジェット機の開発が出来るほど甘くはないだけの話です.
遅延につぐ遅延によって失われつつあった商機が、完全に失われたと思います.
>>
→準役所?役所民間? いえいえ、三菱は窓口地方公務員ですよ。そういう雰囲気です。しかし、そういう三菱なんだが、ギャンブルをビジネスに仕上げてしまうという特異な才能がなぜかある。これが不思議なんだが。

関係者なのだろうが、全うなエンジニアはそんな感覚で働いては無い。
ギャンブルと思ってるのも文系連中でそれを具現化するエンジニアの事を軽々しく三菱と語るのを止めてくれないか?
>>
準役所というか、役所そのものだと思う
むしろ、自らを民間企業の代表格と思いこんでるのが、さらにタチが悪い。
もうどうでもいいけどなw
>>
コロナでトドメを刺された感じだな。
個人的にはコロナが無くてもダメだったと思うが?
日本航空機製造の二の舞になる可能性が高い。
>>
もはやイメージだけで三菱をひとくくりにするのは非現実的だと思うが。
>>
日本の民間会社が旅客機を国産し就航させることに意義があると思う
国策で国の援助でやることなくどんな形でもいいから
三菱ジェット機を飛ばして就航させてほしい
その企業財力と技術があるには三菱だけだからね
三菱ジェットは旅客機であるが改良改修すれば戦略爆撃機になるんだよ
アメリカは日本にB52を許可したのと同じなんだよ
そういう背景もあるから苦戦してるが頑張れ三菱と言いたい
>>
>悪い意味で準役所みたいな、プライドの高さと裏腹の保守的な硬さ。
→準役所?役所民間? いえいえ、三菱は窓口地方公務員ですよ。そういう雰囲気です。しかし、そういう三菱なんだが、ギャンブルをビジネスに仕上げてしまうという特異な才能がなぜかある。これが不思議なんだが。
>岩崎家四代の頃はもっとアグレッシブな自由さがあっただろうに。
→そりゃ土佐のどこの馬の骨だかわからないよう家格でしたから。三井や住友のように豪商としての地位が確立していた一族と違って、典型的な新興商人ですから。
>航空日本の夢の復活のために、もっと頑張って欲しいけれど。
→同感です。そのためには、まずカネ集め。三菱UFJを脅してでも、スペースジェット支援ファンドなり、支援投資信託を実行させること。三菱的な「庶民の金に頼るのは三菱の恥」なんて考えていては、この事業は崩壊する。
>>
ホンダとかYAMAHAに任せた方が良かった。
彼らは技術屋。
三菱は半官半民みたいな企業だからな。 
プライドば超一流だが。
>>
この人員削減は解雇か移動かは書いてないけど、トップの経営判断の失敗で解雇なら従業員は堪らないだろうな・・・・・・・。
>>
航空日本の夢の復活?
そんなもの、要らない。ボーイングやエアバスから買えばいいだけ。「航空日本の夢の復活」みたいなものを夢見ているのは懐古趣味に浸っているネット右翼だけ。
>>
MHPSが日立と別れると聞いてやはりなと思いました。
>>
さすがの三菱も、ついにやる気をなくしたか・・・、残念。
>>
数年前までは応援してたけど、今はもうやめちゃえば?って気持ちになってる。
>>
いつからやってるんだろう
明日には飛ぶって
飛ぶ飛ぶ詐欺だわ
>>
腐っても三菱。
日本最大のグループだからねえ
>>
そう日本では最大 今のところ
>>
引き返す勇気
>>
中韓露なら納期優先でハリボテを売るよ
気持ちはわかるけど、安全最優先だからそれが確立されてないなら延期は仕方ないよ
>>
何言っちゃてるんだ、君らどこ卒?
>>
トヨタ、日産、ホンダ、スバル日野いすず、辺りは作れるよ。
三菱は良い会社だがディスるのは止めてくれ。
ディスるやつのほぼ全てが関係無い人。
>>
あそこは官僚みたいな連中ばっかで付き合いたくない
と他の三菱某社も言われていたのを思い出したわ。
リコール隠したり、燃費を偽装したりしてたアソコ。
>>
じゃあお前ら重工の最高意思決定やってみろ。批判だけで、己が何一つリスクも負わず、何も成し遂げてないのに言いたい放題だな。
まあ、クソですな。
>>
憎いね!三菱!
コメント「中型のジェット旅客機スペースジェット、これから需要が高まると思っていたところに、このコロナウィルス。まさかの飛行機余りの事態に。そもそもトラブル続きで開発が全然進まず、完全に商機を失ってしまった。ホンダとの格差は歴然。」
>>
働いてた時は本当に風通しが悪かったよ
自分が全体のどの部分を作ってるのかさえ分かってなかった
そんな人達が無数に下にぶら下がってて自分流のやり方で作ってるから、上に上がってきた頃にはどこにバグがあるかなんて分からないレベルの代物になってる
そして意見をどこに言えばいいのかもわからない
頭がなく役立たずの手足が無数に生えた巨大生物みたいな感じ
1000本の足を使って5本の指と同じ仕事をする
>>
結果論かもしれませんが、ホンダは先見の明があったということですね。
勿論それを実現する技術力があってこそですが。
>>
たまたまだけど、皮肉にも逆にプライベートジェットの需要は増えているというしね。プライベートジェット買って維持出来る人や会社であれば、コロナの影響も少ないだろうし。
>>
三菱のMRJは開発工程の計画に無理があったとしか思えません。
そもそも、本来、経験者がPMOをしていれば、ある程度のバッファや
リスクヘッジも含めての計画工程を作成するのに、
素人が線表を作成したのでは無いかと疑うレベルです。
>>
日本の航空業のため、とは烏滸がましい。もともと無理な事業計画。実験業務しか経験がない西岡氏が、強引に進めた似非事業?
プロジェクトマネージメント方法は海外や自動車の指導を受け、生産はトヨタに聞きに行き、販売やアフターサービスはサーブなど海外に教授頂く、など、自社では、まともにできなかった。
政府からの資金おねだりやサプライヤいじめは一流?
無能な経営者が企業をだめにする事例が大企業に多いが、いつのまにか救世主が現れ、再生の例も多い。今回はどうかな?
>>
新型コロナウイルス肺炎禍がなくても失敗が確実だったので。
このプロジェクトを成功させるには、経産省と手を切って
国産国内開発にこだわらず、海外との提携、技術協力を仰ぐ必要が有った。
最初から海外開発だったホンダジェットが成功しているのが
その何よりの証明。
この件は既に日本に航空機を作り上げるだけの技術と能力がないことを
如実に証明してしまった。
>>
累計の赤字が6000億円超えているんでしょ。しかも500億円以上の国費が投入されているし。
2020年中に販売に漕ぎつけることができるとして、その後のセールスが順調に行ったとしても投資の回収に最低30年はかかる。実際には50年くらいはかかるだろうと言っていましたからね。
そこにコロナ禍ですから。厳しいなんてレベルの話じゃないですね。
>>
ボンバルディアの社員を引き抜いて訴えられたと思ったら、ボンバルディアは実質的には解体されて、競合機種はなくなるし、訴えも取り下げられ、競合機種のアフターを引き受けるとか…、遠くに光が見えたと思ったのに、コロナで吹き飛びました。
三菱は日本の地位が下がるのと軌を一にしてるのが何とも痛ましい。
自分には関係ないから、外野で見てるだけです。m(__)m
>>
> その後のセールスが順調に行ったとしても投資の回収に最低30年はかかる。
改良もせずに30年売り続けるのは無理があるよね。現行機の改良や次機の開発の投資も必要だから、トータルの負債はもっとゆっくりしか減らないんだろうな。
>>
ホンダの場合は、米国に製造拠点を据えて、そこからホンダの技術を付加していったことによる成功要因。
三菱航空機の場合は、60年前に取った杵柄という悪条件で一からやり直しという悪条件に加えて、日本で製造を行うという急勾配の連続。
ビジネスジェットと違って、航空会社が運航する規模であるから、日本にとってみれば一から始めるのと同じ。
三菱航空機も覚悟を決めて、これは「将来への布石」と割り切って、とにかく開発を続けろと言っておきましょう。絶対に無駄にはならないから。
ただ、資金難が起因するのであれば、スペースジェット支援投資信託でも売り出してでも、カネ集めすべきでしょうな。
>>
三菱は代表格かもしれないけど、三菱で得られる社会人経験って何の役にも立たなさそう。
>>
航空機開発という超ハイリスクなことやるのに
ホンダは身の丈に合ったやり方をしたということ
失敗してもダメージが少ない小規模から始めるのが鉄則
日本の国産ロケットもペンシルから始めたんだよ
>>
航空機開発という超ハイリスクなことやるのに
ホンダは身の丈に合ったやり方をしたということ
失敗してもダメージが少ない小規模から始めるのが鉄則
日本の国産ロケットもペンシルから始めたんだよ
>>
ホンダが作っていたのは小型のプライベートジェット。
三菱が作るのは旅客機でそもそも作る物が全く違う。
しかもホンダの売り上げの中でホンダジェットがどれだけの売り上げを占めるのかを考えると、ホンダの製品のラインナップのために人と設備を維持することに正直、疑問が残る。
>>
三菱スペースジェット(旧MRJ)は中型旅客機(B787やA330)ではなく小型旅客機(B737やA320)の更に小さいクラス。
>>
これはもう無理だろ。
また空調弄らないと駄目じゃない。
それでどんだけ遅延するんだ?
関連業者がもたないだろ
>>
飛ばない飛行機はただのアルミニウムの塊だな。
>>
コロナのせいにしてるけど、既に事業は行き詰まり。行くも地獄、帰るも地獄。
最後は国にケツ拭いて貰え。所詮、官需企業。
>>
三菱の場合、コロナの責任には出来ないだろう。
>>
MRJは、完全に失敗になったな。
>>
ホンダは中型じゃないんじゃ
>>
ホンダがコロナを予見してたわけないじゃんwww ホンダジェットが何年前から構想されてきたものか調べたら?
>>
運の女神に逃げられた。
そりゃ逃げられるわな。。。
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200523-00000001-kyodonews-bus_all